小泉今日子KKPP2022へ!

「友達が行かれなくなったので一緒にどう?」
と誘われて、中野サンプラザへ行ってきました。
小泉今日子 Kyoko Koizumi Pop Party 2022
31年ぶりの全国ツアーで、
本日3月21日がデビュー40周年だって!





実は一枚だけレコード持ってる。
あの頃はレコードとCDがまだ混在していて、人生最後に買ったシングルレコードがキョンキョンでした。


あれから35年後にコンサートに行くことになるとは想像したこともなかったな。







知らない曲ばかりかも、は杞憂でした。

テレビドラマの主題歌系以外はほぼ知ってた。
恐るべし80年代アイドルパワー。
そういえば小6の時は毎週ラジオのベストテン番組をカセットテープに録音してたのを思い出しました。
誘ってくれた年上の友人も、一曲ごとに、当時の出来事を色々と思い出して切なくなった、と。


前の席の男性二人がガチ勢で、
「スターダストメモリー」で、さっと星形のペンライトを出す。
他の曲の時は棒状のペンライト。
一人四本ずつ持参!
昔のペンライトは小さかったし、今ほど性能も良くなかったでしょうが、
当時の振り方と思しき使いっぷりで合いの手のタイミングがばっちり。
「KyonKyon~!!!」と男の子達が絶叫する昭和のアイドルコンサートの雰囲気を想像して、
(何しろコロナ禍なので今回は声出し厳禁なんですよ とても残念!)
存分に私たちも楽しませていただきました。


何より驚いたのは、ちょっとキーを低くしたりして歌うのかしらと思っていたのに、昔とほぼ変わらない歌声だったこと!
「夏のタイムマシーン」で、新たに20代の自分と今の自分の掛け合いみたいなのをレコーディングしようとしたら、あまり声が変わっていなくて、という素晴らしいエピソードが披露されました。


アンコールは「学園天国」、そう、私達の世代ではこの曲はフィンガー5の曲じゃなくて小泉今日子。


そしてキョンキョンが突然、
「ここから撮影オッケーだからSNSにあげて!」


おっと、急にオッケーと言われても
友人も私も、電源を切っておいたiPhoneがなかなか立ち上がらず…


曲は、「東の島に豚がいたvol.3」でした。




「俺たちゃ 戦争やりたかねぇ!」




最後にこの曲を持ってくるところも、
流れる場内アナウンスがキョンキョン自らの録音なところも、痺れましたね。






50代はなるべく楽して生きよう、

と思ってましたが56歳のキョンキョンを見ていたら
普段、もう半歩だけでも、頑張ってみよう、という気持ちになりました。
Date: 2022.03.21 Category: 展覧会・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

マタイ受難曲 2021を聴きに。

上野に「マタイ受難曲」を聴きに行った。
誘っていただいて、チラシを見た途端、これは…寝てしまうかも、と思ったけど、久しぶりに文化会館に行きたいな、くらいの気持ちで。






休憩を挟んで上演時間3時間。
コンサート、というより音楽劇だった。
長かったけれど歌も
長い布を効果的に使った演出も、とても素晴らしく、
何度か鳥肌が立った。
私にとって「受難」の漢字二文字は、連想するイメージが、マーティン•スコセッシの映画「沈黙」のような、弾圧されるキリシタンの重苦しい感じと重なっていて

近寄りがたいといか、敷居が高く、自ら「受難曲」を聴くことはないだろうと思っていた。
それが今回字幕付きで通しで聴いてみて、初めて「こういう構成だったのか」と知り、重かった扉がふわりと開いた。
一緒に行った3人はミッション系の中高一貫校出身。私と彼女達の間には聖書の知識に圧倒的な差があるので
多分、全く違う感覚でこれを聴いているのだなあと妄想していたら、案の定
終演後に3人とも、「今でも一節を暗唱できる」「懐かしい」「朝、聖書を読む時間があった」
など、10代の学校での聖書の思い出話に花が咲いていて受難というテーマが暗いとか重いとかの話には一切ならず、興味深かった。
とはいえ私も
有名な宗教画や彫刻は若い頃に結構見ているで(「最後の晩餐」は当時補修中で一部しか見られなかったけど)、
イエスとユダ以外の名前を覚えていなくても意外と全体のストーリーは実は知っていたと気づく。
なんだ、そこまで身構えなくても大丈夫だったなとやっと思えたのが今回の収穫。
これからは、受難とかよくわからないから聴けない、
という変な縛りや遠慮から解放されて、外国に行って教会や絵画を見る時と同様に
「作られた当時の意味を超越して、現代に受け継がれた美しいもの」として
自由な気持ちで楽しむことにした。


で、早速お客さんがいない時にボリュームをあげてマタイ受難曲を。
ちなみに施術中は、自分自身がエモーショナルになるのはよくないので、
ここまで荘厳でない曲の方が好みです。
Date: 2021.12.08 Category: 展覧会・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

Orfeu帽子展2021秋冬

友人の帽子作家 クボムラアキコさんOrfeuの展示会が
西荻窪のギャラリーステラで開催中です。
fc2blog_20211103170459bac.jpg
長い付き合いで、
そろそろ私の方も、これは色違い持ってる、こっちもこの前のと似てる、と
何を買うかとキョロキョロと・・・
彼女が自分用に作ったというクラシカルな帽子が目にとまりました。
fc2blog_20211103170720241.jpg


今まで被ったことがないエレガントなウールの成型タイプ。
今日は久しぶりに電車に乗ったけど、基本はヘルメット&自転車。
一体いつ、どこに被っていくんだろう、
という野暮な呟きは封印して
そのまま被って帰りました。
すぐ帰途につくのもなんだかもったいない気がして
雑貨屋巡りをして、だいぶ財布が軽くなりました。
ちょっといい帽子を被っていると思うと、自然に背筋を伸ばそうという意識が働きます。
今月はたくさん出かけよう。
fc2blog_2021110317124750d.jpg
「オルフェ帽子店 2021AWコレクション」
場所:西荻窪 ギャラリーステラ
日程:11月2日(火)~8日(月)
時間:11時~18時(最終日17時まで)
クボムラさんが毎日在廊していますので
帽子ってあんまり被ったことがないなあという方も
気軽に相談してみてください。
もちろん、オーダーもできますよ。





Date: 2021.11.03 Category: 展覧会・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

夢を叶えたということではなくて。

先日、JAXAの「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャー
津田 雄一さんの講演を拝聴する機会がありました。
亡き母の若い頃の夢は宇宙飛行士だったらしいですが
私は理系は全くダメで、物理学には興味なし、宇宙に憧れたこともありません。
彗星が通ったとか、皆既月食だとか、人工衛星が見えるとか、
空のイベントは毎年のように色々ありますが
世間でニュースになれば見ることはあっても
自ら楽しみに感じたことは今までほとんどありませんでした。
しかし。
津田さんがお話上手というのもあったのですが
実際に人工衛星を作っている人のお話を聞いてみると、とても引き込まれて楽しくて、あっという間で。
データのやり取りが、光の速さでも20分かかる距離、
300000000キロ離れたはやぶさ2をプログラムを送って遠隔操作して
リュウグウに着陸させる、その着地点の誤差60センチ。
300000000キロに対して60センチ!!!
本を読んだだけならふーん、で済んでしまったかもしれない話が
肉声を通して聞くと急に、なんて凄いことができたんだ、と感動が溢れてきて。
隣の席の人は知っている話、と一瞬寝落ちしてましたが、
昨年のリュウグウのサンプル採取のニュースさえちゃんと読んでなかったからこそ
私は新鮮な驚きをもって知ることができました。
(5グラム採取できたのも凄いことらしい)


で、何よりも心に響いたのは
宇宙そのものの話というより、
子供の頃から宇宙に憧れて、
JAXAに入って、プロジェクトマネージャーにまでなった津田さんの
「好奇心と縁は夢になります。
夢が叶ったと言われますが
少し違います。
小さな興味を育てて行ったら
夢のようなことが出来た、
ということです。」
という言葉でした。


鳥肌立ちました。
夢を叶える、というと、叶わなかった場合のことも
つい考えてしまいますが、
夢のようなことが出来た
という表現には、年齢を問わない、魔法のような可能性を感じます。


この言葉、死ぬまで覚えておこうと思いました。
好奇心と縁を忘れずに!






実はかなり好きな水引草。
宇多田先生の花瓶にぴったり。


祐天寺 きよら鍼灸院
友だち追加



以上

高野でした。
Date: 2021.10.11 Category: 展覧会・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

アクセサリーミュージアムに初めて行きました

祐天寺にアクセサリーの私立博物館があるって
どのくらいの人が知っているのだろう。
私は初耳でした。
10年くらい前からあるそうなのですが、
近所の人ではなく、埼玉の友人に教えてもらったという...

fc2blog_20201104210543ad3.jpg


場所は祐天寺駅から、きよら鍼灸院へとは反対方向、上目黒小学校方面へ歩くこと数分。
住宅街の中に不意に看板が現れます。

今回は「究極のジャポニスムジュエリー」という企画展でしたが
有田焼の帯留の楽しさもさることながら、
常設展が素晴らしく、
思いの外長居してしまいました。


fc2blog_202011042100510ab.jpg


fc2blog_20201104210155b60.jpg


fc2blog_202011042102304f7.jpg


fc2blog_20201104210303b73.jpg


fc2blog_20201104210433ef3.jpg


fc2blog_202011042105000c0.jpg


ショップにものすごく素敵なご婦人がいると思ったら、
この私立博物館の館長 田中元子さんでした。
私と友人二人だけだったこともあり、
ベークライトのアンティークネックレスの解説をしてくださるところから始まり、
太刀魚の鱗から取る魚鱗箔の話、戦中戦後のファッションの話・・・
しばし雑談に花が咲き、
うっかり閉館時間を過ぎていました。

いや〜 久しぶりにときめいた!

またちょくちょく来ようと思います。

きよらにお越しの際には是非
アクセサリーミュージアムにお立ち寄りくださいませ!





祐天寺 きよら鍼灸院
友だち追加


Date: 2020.11.04 Category: 展覧会・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は人対人の相性が重要だと思っています。
来院するかどうか迷っている方は
ざっと眺めていただいて参考にしてくださいませ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ