きよら通信  〜きよら鍼灸院 高野のブログ〜

祐天寺駅から徒歩3分の住宅街にある小さな一軒家で鍼灸マッサージ治療をしています。

嬉しい再開

8月にbranchが営業終了と知り嘆いていましたが
Pedibus jumbus ペディビュス ジャンビュス と
名前が変わって今月 同じ場所で再オープンされました。
以前と大幅には雰囲気も変わらず、一歩入ればフランスの田舎を感じさせる店内、
スープを中心とした素朴なメニューの数々、食後にいただく素晴らしく美味しいレモネード・・・
よく行きます、などと言うほどには通ってないけれど
ご近所にこんな店があるということに、もっともっと、幸せを感じるべきだったなあと
閉店してから思いましたので
まだ戻ってきてくださったことが本当に有難い。
良いお店 素敵なお店 というのは地域の宝なのだと
しみじみしています。


で、私も、ジャンルは違えども
祐天寺にこんな鍼灸院あって良かったわ
と思われたら嬉しいなあ などと
思いつつ。
頑張っている人を見ると自分も頑張れる次第です。







今年もこの季節 渋皮煮。

活動の秋、営業電話が多いので無視しているとついでに新患さんの電話も逃しているような気がします。
電話に出ない場合はショートメールで
予約希望
と送っていただくかこの画面下にあるLINE からメッセージいただければ後ほど折り返しこちらから連絡します。




「今年もこの季節なんですね!」
とお客様が目を輝かせる栗の渋皮煮。
そろそろ無くなったのですが、
これを毎年楽しみにしている人が今月に限って来なかったりして、しまった!と
2回目を作らざるを得なかったので
11月にご来院の方にも無くなるまで、お出しできます。










施術後に柿の葉茶と共に一粒どうぞ。


祐天寺 きよら鍼灸院
友だち追加

初めての「母の日」





昨日 帰宅したら
「ほんとは明日だけど、初めて母の日っぽいことした」
と子どもがおもむろに冷蔵庫から出して来た、ちょっと焦げたシュークリーム。
母の日にまともに何かしてもらったことが
今までなかったので感動してちょっと涙出ました。


そして今日は祖父の98歳の誕生日。
面会可能になる日まで会いに行かれないのが残念。
このような長期休校の事態にならなければ
多分作ってもらえなかったであろうシュークリームを食べつつ、
祖父の健康を祈リます。



久しぶりに菌ちゃんげんきっこを

ちゃんと食べて眠って、そして出せてますか~!
感染症にかからないために自分でできること対策の一つに
胃腸を整えることがあると思います。
「菌ちゃんげんきっこ」をご存知でしょうか。
吉田俊道さんのお話を以前に聞いて以来、
我が家は意図的に味噌汁の出汁を鰹節より煮干し中心にしているわけですが
知識としてはそちらの方がいいとわかっていても
好みとか価格の問題があり
野菜を完全無農薬野菜にするとか
肉類や砂糖類を減らして根菜や豆類を増量するとか
そこまでは食生活が正せないので
特に、2ヶ月以上自宅待機引きこもり中で
絶賛不健康道へまっしぐらの我が子へのためにも
久しぶりにこちらを普段の料理に混ぜ込もうと思いつきました。

ふりかけとして、と買いてありますが
市販のアミノ酸たっぷりのふりかけに慣れてしまっていると味に物足りなさを感じるかも知れませんので
単体で使わずに小エビや鰹節粉、醤油も加えて混ぜご飯にしておにぎりにすると
美味しくいただけます。
味噌汁にも入れてみましたが、肝心の粉が沈殿してしまい
家族は沈殿物は飲まないので、液体に入れる作戦はダメでした。
今日はカレーにちょっと入れちゃおう。
この他に月に一回、思いやりファームの生乳も取り寄せるのが
私の健康法です。
あ、あともちろん、お灸もね!
いつもスタンダードな施術のツボとして
おへそを囲んだ中脘 関元 天枢あたりの4点を使っていますが
今年はここを温めることがますます重要だと感じます。

Creemaで鍉鍼用ケース

昔 三通法研究会で石原先生の金の鍉鍼を見せていただいて以来


ずっと頭の片隅に貼り付いていたものの


価格に躊躇してはや17年以上...


今回の九鍼研究会で再び目にして、


10年以上欲しいものは買ってよし!とついに決心。


手に入れたからには持ち歩きたいので


先日のハリネズミの住所印に続き、


Creemaで見つけた革細工作家 ニコソロさんに鍉鍼ケースを作っていただきました。




ここ5年ほどMIDORIのトラベラーズノートを愛用していますが


この手帳の黒い革に映えるような赤で、


とお願いしました。


イニシャル入り、ケースの後ろにゴムバンドがついていて手帳とまとめられます。




オマケでKIYORAの文字の入った革ストラップも作ってくださって感激です。