野田MAP「フェイクスピア」 に行きました




若い頃はせっせと日記をつけていたが

ある人の「自分にとって、日記はストックではなくフローである」という言葉に

ああ、そうなのかも知れない、と思ったら

なんとなく、そこから毎日書くテンションが下がってほとんど書かなくなってしまった。

未来の自分へとか、後々の参考にという

わりと打算的な気持ちで日記を書いていたせいもあって

そこを否定するのであればペンを走らせて記録する時間よりも

一瞬一瞬の行動の方を充実させる方がいいと思うようになったからだけれど、

記憶力の方は加速度を増して落ちていく。

何も書き残さなければ、いつ何処に行ったか、誰と会って何を話したかも怪しい。

先週食べたものなどは、もはや全く思い出せない。



映画や舞台を観たり美術館に行ったりするのは

明日を心豊かに過ごすためのストック的な要素が重要、

と信じてきたけれど残念ながら記憶という観点から言えばフロー的に捉えた方が

しっくりきてしまう今日この頃は

体験を少しでも何某か頭に残しておこうとすると

1回だけでは全然足りない。



そんなわけで今回、野田秀樹の「フェイクスピア」は意識して

5月、6月、7月と3回 観に行った。

映画も舞台も2回行くことは何度かあったが

3度同じ演目で行ったのは初めてだと思う。













群衆が静かに倒れるところから始まるドラマティックな序盤から

恐山へ。韻を踏んだりダジャレの連続。コメディからその後の悲劇への展開の振り幅が凄くて、

予想外の結末にどう反応していいのか悩んでるうちに終了してしまった第一回。

シェイクスピアや、その「息子」の「フェイクスピア」や

星の王子様と共に「日航機のあの事故」が登場する。

もっとも、日付でもキーワードでも私は全然ピンと来なくて

終盤に差し掛かってからやっと、あれ?と気づいたんだけど。

2回目は四の五の言わずに観たまま素直に感じたことを受け入れる。

それでも、まだここで泣いていいのか悩む。

周囲ですすり泣くお客さんの順応の速さにびっくりする。

3回目でやっと全容を理解する。前回見逃した部分を確認しながら、

フィクションの世界からノンフィクションの世界を行ったり来たりしつつ、

今度こそ本当に、ちゃんと舞台を堪能する。

三回目が一番良い席だった。

席が違うと視点が変わるのが舞台の醍醐味であり、

これは映像では絶対に味わえない。

生身の人間が醸し出す空気は他の何にも代え難い。

そういうところは鍼灸施術にも通じるものがある。

・・・っていうのはちょっと無理やりなこじつけか。









またすぐ忘れていくのは惜しいので

公演パンフレットではなく、月刊新潮を買った。

舞台がそのまま文章になっている。



そういうわけで誕生日の今日は

脳内で4回目のフェイクスピアをみている。






Date: 2021.07.02 Category: 映画・舞台  Comments (0) Trackbacks (0)

夏季休診のお知らせ 2020

残暑お見舞い申し上げます。



8月15日(土)から20日(木)まで
夏季休診します。
よろしくお願いいたします。
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
久しぶりに美術館へ。
コロナ下での閉館で行けていなかった友人お勧めのナビ派、「画家が見たこども展」。
三菱一号館美術館の建物自体が古い趣があって
あの空間に居るだけでも心が落ち着きます。
現在 日時を予約制で入館ということでいつもよりさらにゆったりと鑑賞できてとてもいい。
ナビ派の絵画の中に出てくる人物のモデルは豊かな生活をしている層のようで、
ご婦人方の佇まい、避暑地での風景、子どもたちの服装などがいちいち素敵でした。
開館10周年だからかなのか、チラシ一枚もやたらと良い紙。
特にオモテ面のキャッチーな男の子二人は
実際の絵画の方でも際立っていました。
ミーハーな私は会場にあった企画モノのガシャポンに目がいってしまって
思わずサコッシュとピンバッジのガシャポンに手を出してしまいましたが
これが出たらいいのに
と思ったセーラー少年が一発で出てくれてすごく嬉しい。
小さな喜び 楽しみをたくさん見つける夏にしましょう。



Date: 2020.08.06 Category: 映画・舞台  Comments (0) Trackbacks (0)

映画 ミツバチの羽音と地球の回転

先日、渋谷 オーディトリウムにて、ミツバチの羽音と地球の回転を観てきました。

上関原発建設に反対する山口県の祝島の人達と
脱原発・脱石油を目標にエネルギー政策が進むスウェーデンでの取材を基にしたドキュメンタリー映画。
故郷と表現するような素敵な場所がない私にとっては
身体を張って守りたい美しい自然が身近にあることに羨ましさを感じると同時に
日々自分が「のうのうと」暮らしているように思われ、後ろめたい気分で鑑賞。
去年広島と山口に行った時の風景と映画の中の瀬戸内の美しさが頭の中で合体し
何故行政にこの地元の声が届かないのかという苛立ちをおぼえつつ
絶対にあきらめないおじちゃんおばちゃん達の姿勢に感動して
涙を拭きながら観ました。

以前、温灸用のびわの葉が足りなくなった時に
びわを栽培している人というのを紹介してもらって
葉っぱを送ってもらったことがあったのですが、
映画の冒頭にまさにその方が出てきて、予想外のつながりに驚きました。
そういえば、「原発反対運動をしている」「無農薬栽培をしている」と聞いた気がするけど
頭の中でつながっていなかった。
あの時にこのことを知っていればなあと思いますが、
先に知っていたところで原発が爆発する前では
どこまで自分がこの問題に本気で関心を寄せられたか疑問。
去年瀬戸内で釣りをしてみたので余計に
排水で水温が上がれば漁ができなくなるという猟師さんの言葉を、
命の問題、子供達へ残したい未来の問題、
大変重要な闘いだと考えられるようになりました。

一昨日、上関原発建設にあたっての漁業補償金を半数以上の漁師の方が受け取る決議をした、という
ショックなニュースが流れましたが、
後悔しても始まらないし、だからと言ってあきらめる必要もない。
祝島の人達の思いをビラでも本でもなく
このようなドキュメンタリー映画に仕上げた行動力に感動しました。
映画の後、階下のカフェでの鎌仲ひとみ監督を囲んでお茶を飲む場にしばし同席させてもらいました。
短い時間でしたが、穏やかな口調と笑顔から誠実で飾らない人柄と信念のようなものが滲み出ていて
本当に素敵な方でした。



パンフレットにサインをいただきましたが、何が素晴らしいって
映画の台詞が全て書かれているところ。
鍼灸院の本棚に置いておきますので、是非ご覧いただければと思います。

原発に頼らないで生活するために
東京に住む私たちがすぐにできることとして、アンペアダウン、メガバンクからの預金引き上げ、
市民による自然エネルギー事業への出資、などを教えていただきました。




バレンタイン企画のあしたのチョコレートがまだ少しあるということで
その場でいただいてきました。

監督の声を聴きながら、知ってることと実行することは違うよな、とあらためて感じたので
今年はできると思うことは片端から実践することにします。

そうそう、監督は鍼が身体に合うそうで、鍼灸に通っているらしいです。
嬉しいですね。
Date: 2013.03.03 Category: 映画・舞台  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は人対人の相性が重要だと思っています。
来院するかどうか迷っている方は
ざっと眺めていただいて参考にしてくださいませ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ